販促キャンペーンのネタに困ったら~~アイディア集

販促キャンペーンのネタに困ることはありませんか。アイディア発想法はさまざまありますが、オススメの方法があります。何もないところから考えるよりも、ネタ帳のようなものから、アイディアを拝借するというやり方です。

キャンペーンのネタ帳代わりとして、備忘録をつくってみましたので、ご参考にしてください。

お客様の誕生日

 お客様の誕生日に行うキャンペーン。誕生日前に連絡し、1か月ぐらい利用できる期間を設けるのが一般的です。どの業種とも相性が良く、比較的に高い反応率が出しやすいキャンペーンのひとつです。

お客様のライフイベント

 お客様の結婚、出産、入学、卒業、成人などのタイミングに合わせたキャンペーンにする。

季節のイベント

 年始から始まり、歳末まで各種の季節のイベントがあるので、それに関係させたキャンペーン。百貨店など小売りだけが使えるのではなく、一見関係のない業種でも利用できます。母の日に教材を販売しているキャンペーンを見たことがあります。

季節イベント
初売り
バレンタインディ
ホワイトディ
お雛祭り(桃の節句)
春のお彼岸
卒業
入学
新社会人
引っ越し
異動
こどもの日(端午の節句)
ゴールデンウィーク
母の日
お中元
お盆帰省
秋のお彼岸
シルバーウィーク
ハロウィン
お歳暮
クリスマス
歳末年越し

 

〇〇の日キャンペーン

 上記以外にも一部含まれていますが、それ以外にも業界団体やメーカーが独自に制定した日を使うというアイディアです。
 古い話では、土用の丑の日は江戸時代に平賀源内によって創生されたといわれています。丑(うし)の日にちなんで、「う」から始まる食べ物を食べると夏負けしないという、当時の風習を利用した、販促キャンペーンだったそうです。

 

季節のお知らせ

 季節によって需要が高まるものがあります。そのタイミングを逃さずキャンペーンすれば、反応率が高くなるでしょう。たとえば、花粉症関連商品は3月頃、エアコンの掃除のサービスなら初夏と秋など需要が高まります。農産物や海産物には旬があります。季節の少し前にご案内するとよいです。

 

スタッフの記念日

 社長や、店舗スタッフのライフイベントの関係させたキャンペーンにする。お祝い事で幸せのおすそ分けといった意味合いにするとよいでしょう。わかかりやすいように例を挙げていきます。

  • 社長の結婚記念日なので
  • 店長の子供が生まれたので
  • アルバイトスタッフの〇〇さんの就職&卒業記念

 

ニュースに関連したキャンペーン

 流行にのった商品をキャンペーンすると効果が高いです。たとえばパンダの赤ちゃんが生まれて話題となっているなら、パンダに関連したものや、イラストが入った商品を売るということです。流行はすぐに終わるので、これはスピードが命。自社商品に突然チャンスがくるかもしれないので、見つけたらすぐにやってみてはいかがでしょうか。

 

新商品の記念

 新商品が完成した記念の連絡です。試作ができたときに、特別価格でのモニター募集して、お客様の声をいただくことで、フィードバックもでき、販促にも使えます。

季節限定商品のお知らせ

 季節限定商品の販売時期にお知らせする。限定品の販売の終わりごろに再び連絡するとお客様の買い逃しがなくなり、売り上げも上がります。

商品の販売終了のお知らせ

 やむを得ず定番商品をやめることになった場合の連絡です。ひっそりと終わるのではなく、お知らせすることでほしい方が買い逃しがなくなるようにします。

値上げのお知らせ

 値上げすることになった場合は予告をしましょう。いつも買ってくださるお客様に「値上げ前に買ってほしい」と連絡することで、お客様が準備する期間ができます。

開店記念

 お店が新しくオープンしたときの開店セールです。事前に、プレオープンという形をとる場合も多いです。一部の人だけに限定で案内をすると、招待した方への特別感を与えられますし、店舗スタッフの練習を行ったりもできます。
 

お店・会社の誕生日

 何周年記念フェア、創業〇周年記念といったものです。お店のオープンから、会社の設立から、1周年、2周年、3周年と毎年実施できるのも使い勝手がよい点です。

閉店や改装工事のお知らせ

 改装工事で一時お休みしたり、閉店したりするときのキャンペーン。

新装開店、移転のお知らせ

 店舗や事務所を移転して、新たにオープンするときのお知らせです。閉店とは別に行うのがポイント。面倒くさがらずに分けて案内することで、2度キャンペーンができます。

 

紹介したアイディアは一部です。

考え方次第で、キャンペーンのネタは非常に多いです。ネタのアイディアは他から拝借して、あなたのビジネスに合わせてアレレンジすれば、ネタに困らなくなるでしょう。キャンペーンごとに特典、いわゆるオファーを用意すれば、効果が高くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メルマガ登録特典:Ebook無料プレゼント

ホームページを作りたい、リニューアルしたいけど、難しいものというイメージありませんか?

 

経営者向けに

ホームページを作る前に知っておくべきことを

まとめたレポートです。


メルマガ登録してEbookを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*