鉄板の販促キャンペーンのアイディア3選

DM(ダイレクトメール)は、費用対効果が高いものを優先させたい!

だれもがそう思うはずです。私のその過去の経験の中で、反応率が高かった販促キャンペーンをご紹介します。

どれも、既存のお客様の住所録があれば、簡単にできるものばかりですので参考にしていただければと思います。通販だけでなく、店舗でも応用しやすいようなアイディアも交えてご紹介します。

 

常連の御得意様に向けた毎年定番のDM

お客様の中には、いわゆるお得意様に分類できる方がある一定数以上います。20:80の法則とか、パレートの法則とかよく言われますが、売上と利益に貢献してくださっている大事なお客様です。

このお客様の購買行動をよく観察していくと、一定のパターンがあるのがわかります。お名前が思い浮かぶお客様を何名かはいらっしゃるかと思います。その方々は、どんなタイミングでに案内をしたら、喜ばれるでしょうか?

私の前職を例にすると、ギフト中心のお菓子屋さんでは、お歳暮やお中元の時期にリピートするお客様が非常に多くおりました。お歳暮の少し前に、常連のお客様へのご挨拶状を付けて、上得意様限定の特別キャンペーンのお知らせを送っていました。全てのキャンペーンの中で、これ以上の反応率の高いキャンペーンはありませんでした。

「上得意様を大切にする」そんな気持ちをもって、キャンペーンを組んでみてはいかがでしょうか?飲食店や店舗では、既に実践しているかもしれません。その場合はこれまでよりも「特別感」を演出する工夫をしてみてはいかがでしょうか?

 

お誕生日を活用したDM

誕生日DMは、「お客様リストに誕生日がある」ということが前提となってしまいますが、特典を用意するなどすれば10-20%以上の反応率が出ることもあります。通販だけでなく、店舗系のビジネスでも使えます。

例えば…

来店してくれたら、〇〇プレゼント!

次回の会計から〇〇%引き

という形です。

比較的どの業種でも実施しており、よく届くDMです。裏を返せば、比較的成功しやすく、何度も繰り返すことが可能ということです。やらない手はないです。

 

季節イベントに合わせたDM

お客様が欲しいと思ったときに、タイミングよくDMが届けば買う可能性が高くなります。当たり前といえば、当たり前ですね。

  • 洋菓子屋さんなら、クリスマス前にケーキご予約のご案内
  • 歯医者さんなら、歯の定期健診のご連絡
  • 掃除屋さんなら、エアコンを良く使う前に掃除のご案内

「タイミングよく」というのが難しく感じるかもしれません。例えば、クリスマスケーキを予約するのにも、早めに予約する人。締め切りギリギリで予約する人。当日慌てて買う人。多少の偏りはありますが、見事にバラバラ・・・・全員が全員、同じタイミングではないのですよね?

そんなとき、私がよく使っていた手は、「1回でなく複数回連絡をする」というものです。1つのイベントを一回の連絡で終わらせない。最初は封筒DMで、次はハガキDMで、そして最後はメルマガでなどといった感じです。手間はかかりますが、重ねることで効果は確実に上がります。

 

【番外編】DMには締め切りを

それは、締め切りを設けましょう!ということです。締め切りがあることで、人の行動を促すことができますので締め切り間際はよく売れます。広告やチラシ、DMの反応率を高めるには、必ず締め切りを入れましょう!締め切りを口実にすれば簡単に案内を2回送れますよ!

1回目:キャンペーンのご案内です

2回目:キャンペーンお忘れないですか?

といった感じです。期限が終わった後にも、3回目を追加するなんてことも可能です。

3回目:せっかくなので、特別に延長しました。

 

 

いかがでしたでしょうか?お客様リストを活用して、上記のアイディアを応用して販促してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メルマガ登録特典:Ebook無料プレゼント

ホームページを作りたい、リニューアルしたいけど、難しいものというイメージありませんか?

 

経営者向けに

ホームページを作る前に知っておくべきことを

まとめたレポートです。


メルマガ登録してEbookを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*