マーケティングというけど何から取り組めばいよいのか?

勉強熱心なあなたは、マーケティングというものを学び、そして実践しよう!と決めたのに、迷ってしまうことがあります。

  • あれ、じゃ何から始めればよいのか?
  • すぐに効果が出せそうのは、どれなのか?
  • 成功の確率が高いものは?

勉強熱心な人ほど陥りやすいかもしれません。「優先順が良くわからない」時に参考になるようにまとめてみました。この記事では次のことがわかります。

  • 始める前に確認すべき点
  • どこからやればよいのか?
  • 実践事例

 

やるべきことが山積みの状況に陥っていませんか?

例えば、今の商品やサービスを改善しなきゃ・・

新規のお客様を連れてくるための対策も必要だよね・・

集客したお客様へのフォローも始めなくては・・

ホームページも使い易くしたいし・・

一度離れてしまったお客様を呼び戻すキャンペーンをすればよい・・

お得意先様への特別なサービスは絶対必要だよね・・

SNSもやらなきゃ・・

などなど、様々なことが頭に浮かび、いっぱいいっぱいになってしまいます。勉強熱心な人ほど陥りやすい状態です。今、どれが自分に必要なのか、どこから始めればよいのか、見極めがとても大事になってきます。

 

あなたの商品やサービスはお客様に喜んでいただいてますか?

そんな時は、ここを見直してみてはいかがでしょうか?

  • 飲食店なら、「おいしい」と言ってくれて、また来てくれる常連さんが3人いるでしょうか?
  • 住宅工務店なら、新築した受託に満足してくれて、知人を紹介してくれるお客様がいますか?
  • 化粧品屋さんなら、継続的に愛用してくださるお客様は3人いますか?

もし、これらの答えがNOなら、商品やサービスを改善してください。ご商売が続いている方は間違いなくYESでしょう。

朗報です。販促をやり過ぎていない限り、きっと短期的に売り上げをつくることができることでしょう。

 

3、短期的に売り上げを上げたいときはここから始めましょう!

新規客ではありません。まず既存のお客様や、最後の来店から日が浅いお客様に連絡してみましょう。

通販の場合は、既存客へのDMです。エリアビジネスの場合は、連絡手段は何でもよいですが、一番は訪問です。ごく当たりまえの事ですが、対面は最強です。訪問の口実は、ご挨拶回りという名目でも商品の案内という名目でも、どんなものでも構いません。直接訪問できない場合は電話でも、お手紙でも構いません。とにかくコンタクトをとればすぐに売り上げをつくるチャンスが広がります。

 

それでもダメなときは・・・

うまくいかない場合があります。それはお客様との関係づくり、絆づくりに問題がある場合です。そんなときは、関係を構築することから始めましょう!

  • 購入時のお礼はできていたか?
  • アフターフォローはしっかりできていたか?
  • 定期的な連絡はできていたのか?
  • 買い替えや修理のタイミングでのご案内などはしていたか?

お客様にとってプラスになるだろうということを地道に積み重ねてください。手作り新聞を毎月または季節ごと送ってみるのも、とても効果的ですよ。自然と、関係が良くなり、お客様との信頼関係が構築できるはずです。

 

他の方は何をやったのか?事例です。

■あるお菓子の通販会社

季節ごとに新商品のご案内DMを出していました。いつも売込みばかりで、お客様との関係づくりをしたい。と考えていました。

⇒毎月のニュースレターで、商品の丁寧な説明やスタッフ紹介を実施しました。離脱率が改善し、またお客様からのお礼の手紙を頂く機会がふえました。

 

■ある老舗着物屋さん

新しいお客様が思うように獲得できず、売上は、年々頭打ちの状況が続いておりました。

⇒既存のお客様への直接訪問から始めました。訪問すると、実は〇〇について相談したい。というお客さまからの引き合いが増え、実際に購入にもつながりました。また、すぐに買わなくても、お客様との会話で関係性がよくなったと実感できたそうです。

 

まとめ

マーケティングって難しいそう、といった方でも心理的な抵抗がすこしやわらいだのではないでしょうか。できるところから、マーケティングを実践しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メルマガ登録特典:Ebook無料プレゼント

ホームページを作りたい、リニューアルしたいけど、難しいものというイメージありませんか?

 

経営者向けに

ホームページを作る前に知っておくべきことを

まとめたレポートです。


メルマガ登録してEbookを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*