自分でDMを企画して制作するための7つのステップ

hand-dm-produce-step

個人事業主や、従業員規模が数名の小さな会社では、ダイレクトレスポンスを取り入れようとしたときに、はじめは費用をそれほどかけられません。そうなると自分でDMを作ることになりますよね。でもそうなると、こんな問題がおきてしまいがちです。

  • いざDMを制作しようとしても、なかなか進まない…
  • 商品は決まっているけど、どのように売り出せばよいのか分からない…
  • DMをつくってはみたものの、全く自信がもてない…

自信をもって、自分でDMを作成するための過程を7つのステップにまとめてみました。


誰にメッセージを届けますか?

最初に取り掛かりたいのが、だれにメッセージを届けるかを決めることです。

売りたい商品・サービスがが決まっているとしたら、それを必要としているターゲットはどんな方でしょうか?すぐに思い浮かばない場合は、商品・サービスが解決できる悩みから考えてみてください。その悩みをもった方がターゲットです。もっと具体的には、お客様リストを見返してお客様の顔を思い浮かべてください。そして、普段のお客様との会話から連想してみましょう。

また、イベントを実施するといった具体的な事が先に決まっている場合もあります。そのときは、どんな方に来て頂きたいか、だれ向けのイベントか、をはっきりさせましょう。

ここで大事なポイントは、ターゲットを明確に定める事です。この後のステップでは、ここで決めた「誰に」をイメージしながらすべて考えていきます。

DM企画を考える

誰にメッセージを届けるかが固まってきたら、次は企画を考えます。先ほど決めたターゲットの方が今すぐにほしくなるような、魅力的な条件をいかに提示するか。いわゆるオファーづくりが企画の中心になります。そして、ターゲットが興味を示してくれて反応するようなおもしろいものであれば、さらによいでしょう。

オファーとともに、どのような行動をとってほしいかも検討していきましょう。たとえば、既存のお客様に新商品のご案内をするDMの場合、とっていただきたい行動はいくつかあるでしょう。

  • 新商品を見に来ていただくため来店予約
  • カタログなどの資料請求
  • サンプル品を使用してもらうためのサンプル請求
  • 電話やネットショップでご注文

他のパターンもあるかと思いますが、そのうちのどの行動をとっていただくか、も一緒に決めます。この段階では、時にはターゲットの設定に戻ったりしながら、企画を固めていきます。

 

キャンペーンの全体像をイメージする。

DMの企画を考えたら、一度全体を俯瞰してみましょう。たとえば、DMを見て来店して頂いたお客様のフローを考えてみましょう。

  • どのような応対で商品を紹介していくか
  • 実際に購入して頂いたら追加でオススメするものは何か
  • 購入後のフォローはどうするのか

全体を見渡した時に、不自然な点はありませんか?DMとその後の販売やお客様フォローを通して、矛盾のないキャンペーンになっていることが大事です。一貫性を保つことはお客様の信頼を高めます。

また、全体の効果が最大化するようになっていますか?DMの反応率だけにとらわれると、その後の売上に繋がらない場合もあります。全体最適となるように、オファーの調整をする必要があれば、この段階でもう一度考えなおしましょう。

媒体や体裁を決めよう。

DMはどのような媒体と体裁にするかを決めます。媒体は、ハガキがいいのか、封筒がよいのか、電子メールがいいのか、を決めます。もし封筒にカタログを同封するなら、それ以外の同封物は何が必要でしょうか?基本的には、挨拶状や、申込用紙、返信用はがきや封筒などが必要なはずです。企画の趣旨にそって、反応率が高まるように、それぞれの体裁を決めていきます。

連絡は1回だけとは限りません。キャンペーン全体で繰り返しDMを送ることで、効果が高まります。予算なども見ながら、どの媒体を組み合わせるかも考えましょう。

 

デザインする。

ここまで来てやっとデザインに入ります。ここまで読めば、最初からデザインと企画を同時に考えるのではないことがわかると思います。

デザインするまに、誰にどんなことを、どんな手段で伝えるか、これらが決まっていれば断然デザインに落とし込みやすいです。大事なポイントも全体像も見えているはずですので、強調すべきところを強調できます。また、ターゲットもしっかり定まっているので、デザインの方向性もある程度見えているはずです。先に決まっていれば、DM作りも楽ですね。

この段階で忘れてはならないことは、お客様に反応してもらうためのDMを作成しているという点です。デザイン性が一番重要でなく、「ちゃんと伝わり、反応できるか」という視点を重視しましょう。

 

第3者にアドバイスを頂こう!

特に一人やごく少人数で考えていると、思わぬ盲点に気づかないということがあります。だれでも完璧ではありませんので、罠に落ちてしまっていなか、他の人にアドバイスを求めましょう!

意見を求める人は、ターゲットに似た人がベスト。いなければ、社員やスタッフ、家族や、知人でも見てもらったほうがよいです。もし仮に誰も頼れず、チェックを自分する場合には、別の日にチェックしましょう。

勇気をもって実行しましょう!

やるだけのことはやったら、後は勇気をもってDMを出すだけです。例え専門家であっても、出してみなければ、結果はわからないもの。どんな結果になったとしても、実行すれば必ず何かしらの気付きがあるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*