人材採用で悩んだ時に、見直しすべきところは

CV-adopt-trouble-review

ある会社の社長から採用に関する、こんな悩みを聞きました。

  • 募集をかけても、なかなか人材が集まらない。
  • やっと採用して入ったと思ってもすぐに辞めていく。
  • 最近はとくに条件を下げても応募が減っている。

小さな会社では、悩まれている経営者も多いのではないでしょうか?少しでもヒントとなるように、マーケティング的なアプロ―チから、伝え方について考えたことをまとめました。

あなたの会社の魅力を伝えていますか?

会社の業務内容や、採用の条件は掲載していると思います。でもだけだとあなたの会社の魅力がまだまだ伝わっていません。仕事を捜している方の気持ちになって、募集票を見たことがありますか?

「あ、面白そうな会社だな」

「自分に合っていそうな会社だな」

「ここで働いてみたいな」

このように感じてはじめて、「応募しよう」という候補に入ります。応募したいと思っていただくために、仕事の内容と条件に加えて、自社の魅力をメッセージにして伝えることが必要です。アピールすれば相手の受け取る印象が変わり、応募しようと思ってくれる確率が高まってくるはずです。

 

応募前に魅力を感じてもらうために

どんな考え方の会社なのか?

会社の理念や社長の考え方を発信します。理念を伝えることで、考え方に共感できる人が集まります。理念という形でなかったとしても、社長の考え方を積極的に発信しましょう。自己開示して、生き方を見せるというのも、効果的に社長の魅力を伝える手段です。

職場の雰囲気は?

実際に働いてみるまでは本当のことは分かりません。でも応募の段階でできる限り、知りたいはずです。雰囲気だったり、企業文化のようなものだったりも伝えると安心感がまします。さらに、理念や会社の考え方と空気感などが一貫したイメージとなっていればより信頼を生むでしょう。

将来の自分のイメージさせる

ここまでのことがある程度納得したら、次は将来の事もきっと気になってくるでしょう。仕事の内容に加えて、数年後の仕事の内容が思い浮かぶように表現します。輩社員に顔出し可能なら、メッセージとともに掲載すれば、将来成長した自分の姿をイメージしやすくなります。

 

採用したい人と、したくない人

理念に共感する方の中には、こちら側がもめる人材でない方も含まれるかもしれません。ですので「こんな方は対象でない」ということを伝えるとよいです。そうすることで、応募の面接の前に、自分は違うと気付いていただけるだけます。掲載するには少し勇気がいる内容かもしれませんが、応募者と雇用者のお互いにとって、メリットがあることです。

さらに、効果はそれだけでなありません。望まない範囲を示すことで、より対象の方が明確に浮かびあがってきます。この事で当てはまる方に対しては、「私にはこの会社がぴったりだ」という気持ちを高める効果が期待できます。

 

ダメな所も正直に

100%完璧な会社などあり得ません。だったら信頼してもらうために、苦手な部分や、デメリットなるようなこともお伝えするようにします。その場合は必ず言い訳の説明もセットで!欠点は見方を変えると長所になりえます。あらかじめ迷うだろう部分、不安に思う部分を先周りして解消するためです。

たとえば山奥にある会社だったら、田舎で何もない、と思うかもしれませんが、豊かな自然に囲まれて四季を感じることができます。そんな環境が好きな方はきっといるし、好きな方やあこがれている方だけに来てもらえばいいのです。

 

どこで採用活動していても、気を付けたいこと

募集は、合同説明会・ハローワークが中心でしょうか。自社のホームページもあるかもしれません。会社の実情によって募集している媒体はさまざまですが、一貫した情報となるように心がけましょう。一貫性は信頼を醸成するのに役に立ちます。

まとめ

人材の採用活動でもマーケティング活動のように考え、自社の魅力を発掘して、積極的に伝えましょう!

採用募集専用のホームページの制作や、そこで表現する伝えるメッセージづくりのサポートも行っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メルマガ登録特典:Ebook無料プレゼント

ホームページを作りたい、リニューアルしたいけど、難しいものというイメージありませんか?

 

経営者向けに

ホームページを作る前に知っておくべきことを

まとめたレポートです。


メルマガ登録してEbookを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*